オススメ漫画紹介:ぱらのいあけ~じにハマった3つの理由

漫画
スポンサーリンク

「電子書籍についてどう思います?」

「オ●ニーに便利」

というエロ漫画家水木先生(巨乳美女)の日常(全年齢対象)を描いた

「ぱらのいあけ~じ」

こちら3巻まで発売中。

著者は

小林さんちのメイドラゴン

旦那が何を言っているかわからない件」の

クール教信者先生です。

私3巻を仕事中に買いに行ったのですが、

書店に通常版しか置いてなかったので

限定版をamazonでポチった上で

通常版を買いました

近々電子書籍にもなるようで、

そっちも買います

ブログ初めて速攻書くほど好きだから!!!

 

何故こうまでハマったのか

自分なりに考察してみました。

主人公、水木先生の貞操観念と信念

一目ぼれしたら

まず●ックスしたくならない?

男としては否定しきれません。

とにかく水木先生の考え方が思春期男子そのもので、

こんな女いねーよと思いつつも共感できます

 

一方でただの痴女ではなく、エロ漫画家としての信念も強いものを持っていて、

描きたいから描くのみ

迷いなく言い切るところがカッコいいんです

仕事に対する理想の姿勢。

見習いたいです。

辛辣なツッコミ役、サキちゃんとの掛け合い

ちょくちょく暴走する水木先生ですが、

そのアシスタントのサキちゃんが突っ込みます。

目、怖っ!

アニメ化したらニコニコで変顔集とか作られる事

間違いないですね。

セリフも辛辣で容赦の欠片もない辺り、

水木先生とバランスが取れて

とても心地よい掛け合いを産んでいます。

そしてデレる時は

なんだかんだあんたといると飽きないよ

 

かっこいい。

燃えよペンに通じる熱さと読み応え

日常系ですが多く出てくるネタは以下の2つです。

漫画家あるある

 

腰痛の先輩の話

電子書籍の煽りで書店がつぶれる話

ネットで炎上した話

などがこれに当たります。

 

水木先生は同人も書いてるので

この辺の話は深く展開してますね。

エロ漫画家あるある?

この辺とても島本節っぽくて熱いですね。

この漫画のメインだけに力入ってます。

少ないページ数で1話まとめているからか、

情報量が多く何度も読み返してしまいますね。

それでも上記のサキちゃんを筆頭に、

編集のきょーくんや漫画家仲間との漫才が

良いバランスで差し込まれるので

とても読みやすいのです。

まとめ

真面目にエロに向き合い暴走する主人公

キレのあるツッコミによる掛け合いの妙

業界あるあるネタを軸にした意外と深い話

アオイホノオや燃えよペンなどを書いた

島本和彦先生を思い出すところもありました。

気になった方はぜひ読んでみてください。

全年齢です。

コメント

  1. […] […]