3ジャンル奇跡の合成!?HAND OF FATE2の1時間プレイレビュー

ファーストインプレッション
スポンサーリンク

カード+ボード+3Dアクションの悪魔三身合体

HAND OF FATE2が2700円でswitchに来たのでやってみた。1時間ほど。

雰囲気はTRPG的で、ソウルサクリファイスやドラゴンズクラウンを思い出す。

アクションは難易度高めながらも快適。

一見無双のように見えるが、弱攻撃連打してる間に敵も反撃してくる。周りの敵も攻撃してくる。

そういう時「防御しろ!」って感じで敵が緑に光るわけで、こちらもコンボをキャンセルしてガードできる。回避も可

こちらはおそらく防御不可の大攻撃。

HP回復手段がある程度限られているのもあって、適度な緊張感を産むシステムだ。

攻撃面では強攻撃で相手をピヨらせることができる。

この間は攻撃し放題で、なんかダメージも上がる

加えてこのZL表示が出たらフィニッシュ攻撃で派手にトドメが刺せる。

武器によってはZRで魔法攻撃も可能だ。

ついでに味方がいればLボタンで支援もしてくれる。

今は胡散臭いのしかいないが、まあこの先に期待。

と、なかなかやることが多く、無双ともダークソウルとも違うアクション性を出しているのだ。

独特のステージ進行

ステージ進行はボードに配置されたカードを一枚一枚めくりながら進めていく。

1つのステージが終わればイベントや装備のカードがもらえる。

次のステージでそれらのカードをセットすることで、サブイベントや出現する装備に反映されるというわけだ。

初期装備とメインイベントは固定だが、サブイベントで結構進み具合が変わるので、クリア済みのステージもまた楽しめる。

今のところ良いテンポとバランスで面白い。

eshopに動画は無いしカードでボードでアクションってなんじゃそら?

と思ったが、これは面白い

余計な演出やRPG要素が無いからテンポが良く

何よりアクションがやりごたえある。

正直まだ私は下手でガードも回避も間に合わず

サブイベントで兵士10人ぐらいに喧嘩売って殺されたのだが、

もうちょいあーすればこーすれば……と考えた。

優しくはないが理不尽さでもない。という良いバランスなのだ

画像と紹介を見てピンと来たら是非買ってみてほしい。

対応機種はsteam、PS4、switchだ。

(追記)

購入を検討されている方へ

ハンドオブフェイト2は高難度回避ゲー。
難所突破記念の追加レビュー。かなりの高難度だが当たらなければどうということはない。

追加レビューを書きました。

少し進めて気がつきましたが、このゲームかなり難しいです

コメント