SDガンダムX【感想レビュー】シンプルなアクション×戦略シミュ故にハマりやすい!【評価】

ゲームレビュー
スポンサーリンク

5点(10点満点)

SFCの名作SDガンダムXswitchで配信された!850円!

この調子で他のSFCもswitchでできるようにしてもらいたいもんだ。

良いところ

分かりやすい

シンプルなのでちょっとプレイすれば

直感的にシステムがつかめる。

アクションも2D戦闘で

ABXYそれぞれに振り分けられた武器を駆使して

一定時間戦うので一回やればまあ分かる。

アクション操作で大物食いできる

性能差は当然あるが、

地形適正や数、アクションの腕で十分ひっくり返すことは可能だ。

テックレベル1(高い程高性能機体を作れる)の量産機でも

ゲルググのナギナタやガゾウムのミサイル→変形離脱コンボなど

使いやすくて強い武器があり、

ベルガダラスなどの上位機体に結構善戦できる。

MS戦1回で1レベル、

戦艦撃墜で一発最大レベル(Ace)

なので育ったユニットは愛着も沸く。

戦闘のCPUは結構強いので

逆にやられることも多いが歯ごたえがあるというものだ。

図らずともマラサイVSガンダムmk2になった時、

「てめぇマラサイ気張れ!ジャブローを思い出せ!

と白熱してしまった。

自由度が高い

ストーリーモード的なのはない分、自由だ。

原作再現でF91一体、ヘビーガン、ジェガン縛りの

VSクロスボーンバンガードをやってる人もいたし

(昔ニコニコで見たのだが、残念ながら動画は見つからなかった)

一年戦争機体のみでハンデ最大のCPUに挑む等の

無茶もできるだろう。

CPUの行動を縛ることはできないが、

やりようによっていくらでも遊べる。

気になるところ

CPUが弱い

最奥の基地に金がかかるMSを生産して前線おざなりになったり、

貴重な戦艦を無防備に晒して撃墜されたり、

戦略面のCPUは弱い。

戦闘開始前に軍資金とテックレベルを設定できるが、

最大限のハンデを付けても普通に逆転できてしまう。

プレイヤーの腕が上がるごとに、前述の縛りプレイが必須になることだろう。

戦闘が色々早すぎる

ライフルの弾速に反応するのがきつい。

こっちも同条件ではあるが、CPUは結構な反応で避けるし、画面外から的確に狙撃してきやがる

機体速度が最大同士になると避けられることは避けられるが当てるのも苦労するので、

サーベルやミサイルに頼ることが多くなった。

貫通のヴェスバーはまだしも、ZZのハイメガキャノンは当てられる気がしない。

とはいえもっさりするよりマシか。

ユニットの移動が遅い

決してテンポの悪いゲームではないのだが、

ユニットの移動がかなり遅く、

早送りしたいのにできない。

レトロゲームベタ移植にありがちな欠点だ。

ここさえなんとかなれば7点くらいつけてもよかったのに。

大正義クロスボーンバンガード

クロスボーンバンガードがとにかく強い。

初期配置のデナンゾン、デナンゲーの強さは

ザクやらドムやらジムやらでは太刀打ちできない。

コストや生産ターンが長いユニットが多い

という欠点はあるが、

デナンゲーだけ作ってれば

大体なんとかなってしまうお手軽さなので問題ない。

くにおくんシリーズのれいほう学園が分かりやすい例か。

ハンデ用と割り切ってしまおう。

他の4軍は連邦やや有利だがそれぞれ一長一短だ。

まとめ

古い作品だが意外と熱中してしまった。

このシリーズは後継作のGXで改良されたっきりだが、是非とも続編を出してほしい。

ガシャポンウォーズ路線でもいい。

Gジェネにはない魅力があるはずだ。

(GNEXT?センチュリー?クソが!)

コメント