ウルトラ怪獣擬人化計画 feat.POP Comic code【感想/レビュー】ゆるいだけじゃない!バトルありシリアスありでファン以外にも楽しめる良作。

漫画
スポンサーリンク

競走馬もガンダムも美少女化する昨今。

擬人化はサブカルのメジャージャンルの1つになりつつあるが、数年前から円谷プロは公式で怪獣擬人化計画なるプロジェクトを立ち上げていた。

アニメ、ドラマCD、各出版社ごとの漫画と、多種多様に分かれているが、他のメディアミックスとは違い、製作者もコンセプトも擬人化された怪獣のキャラも作品によって全く別物になっている。

そんな中でオススメはヤングチャンピオン(秋田書店)で連載中の

ウルトラ怪獣擬人化計画 feat.POP Comic code

を紹介したい。

原作ネタとオリジナルをうまく合わせて立てたキャラ

主人公はメフィラス星人

原作では子供を攫って言質を取ろうとしたり、フジ隊員を洗脳巨大化したり、他所の宇宙人の立体映像でコケ脅ししたりと悪質宇宙人ぶりを発揮していた。

一方でウルトラマンと互角に戦う自力も見せている。

戦いの途中でメフィラスは「よそう、ウルトラマン」と一方的に中断して帰った為決着つかずだが、

それを言っちゃあ……。

ことあるごとに繰り返すもんだから一発ギャグとまで言われる始末。

このように原作ネタを拾いまくってキャラ付けしているのが面白い。

また解説やツッコミがうまく機能しているので、元ネタが分からなくても楽しめる

私はウルトラマン知識は飛び飛びで、メインキャラのテンペラーに関しては全く知らなかったのだが、作中1,2を争うほど好きなキャラになった。

ひょうきんな性格、高い戦闘力、ウルトラ兄弟打倒に執着している辺りでメフィラスと結託したけどちょくちょく喧嘩する良い仲。

「だわよー」はオリジナルだがクセになる。

ウルトラマン本編への突っ込み

マンションが割れてメトロンのUFOが出てきた件について、

着陸後に大工の棟梁と意見ぶつけ合いながら建設したとかなんとか。

あとはゴドラ星人がセブンとタイマンになった時の無駄な動きとか

ゼットンの容赦なさすぎ問題とか

本編映像をリアルに再現した作画で突っ込んでくれるから

ネタが分からなくて置いてけぼりになることはない。

緩い決闘とアホな言いがかりに挿し込まれるリアルウルトラマンの死体

このシュールなコマで飯三杯はいける。

散りばめられたシリアスシーンと謎

元宇宙飛行士の怪獣ジャミラも少女化している。

原作でもそこまでやってねぇよ!

というトラウマ回想シーンを容赦なく盛り込むのが作風とのギャップ効果をもたらして面白い。

また先ほど触れたメトロンのマンションを作った棟梁だが後々登場し、レッドキングと泣けるドラマをやってくれる。

そして話の主軸のメフィラスが時折見る少女の夢

おそらくメフィラス侵略時に命を落とした少女の記憶をメフィラスが持ってるようなのだが何故なのか?

この謎は学園の謎、

校長は何者なのか?

そもそもこの怪獣墓場が何なのか?

ゼットンの役割と校長の関係は?

と同時に一歩踏み込む形で5巻が終わっている。

先が気になる!

総評

美少女日常系の緩い部分にSF要素とウルトラネタが合致して相乗効果で面白くなっている。

むしろこの作品からウルトラマンに入るのもアリなんじゃないか?

とすら思えた良作であった。

コメント