メジャーをかなえた雄星ノート【感想レビュー】おお振りの目標設定もやってた!野球外も参考になる雄星の全て!

スポンサーリンク

チロー引退と交差するようにメジャーデビューを果たした菊池雄星選手。

彼は高校時代に監督から

成功者はみんな日記を書いている

と言われ、ずっと実践し続けている。

そのノートを一部掲載し、解説を載っけて振り返った重厚な1冊がこの本だ。

日記だけでなく、

後輩の大谷翔平もやってたマンダラチャートもあった。

実際やってみると書く欄多くて大変だが

目標のために何するか?をそれだけ細かくひねり出せる。

これどこかで、、、

ああ、田嶋君が200歳まで生きるって書いてた奴か!

おおきく振りかぶってはこの話がある15巻だけ手元に置いてあるw

悔しさが滲み出てるw

高校時代の本文の方はかなりカラフルだ。

 

 

あとは楽天の岸と投げ合って勝った時や

その後体調くずした時の反省など

高校からプロになるまでの菊池雄星の全てが書いてあるようだった

 

 

後半は名言集もまとめている

印象に残ったのはこれ

まさにこの日記がそうだ。

イチローも言ってたが、小さい事重ねる奴が1番強いんだよなぁ

 

他の選手版も見たくなる。

ファンならずとも手に取る価値ある1冊だ

そして読んだら

行動し続ける1000人に1人になるために

ノートとボールペンを買おう

コメント