SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE【プレイ日記①】【初見感想レビュー】かぎ爪射出で高所を飛び回れる爽快感が素晴らしい!戦闘の難しさはソウル以上か!?

SEKIRO
スポンサーリンク

2時間強プレイし、

なんとか最初の侍大将 河原田先生を倒しました。

何度逃げようと思ったことか……。

でもこいつから逃げたら今後全ての侍大将から逃げなきゃいけなくなると思うとスルーできなかった。

……コンセプト(忍者ステルス)的にそれでもアリかもしれないが……。

 

ちなみに倒したらハートのかけら的な奴エスト瓶的な奴を拡張するアイテムくれたので粘った甲斐はあった。

良いところ

高いところに飛んで登れる気持ちよさ

義手にロケットかぎ爪を仕込んでからあっちこっちの引っかかる場所に

L2ボタンでピョーン!

と飛べるので爽快

高い屋根の上から巡回中の兵士を見下ろす気分はまさに

人がゴミのようだ!

ゼルダBoWのようにどこでもよじ登るのとは違うが、

結構行きたいところに引っ掛けポイントを用意してくれてるしスタミナゲージも不要で本当に飛ぶので

こっちのが気持ちいいまである

新感覚の戦闘

チュートリアルから出てくるザコには簡単に

パリィ(弾き)→攻撃即死

あれ?ソウルよか判定緩くね?

と余裕しゃくしゃくだったのだが、

前述の河原田先生と正面決戦して地獄を見た。

 

体力ゲージらしきものはあるのだが、

それ以上にスタミナゲージ?画面中央上の攻撃ガンガン当ててりゃ増えてってマックスになると

致命の一撃入れられる奴。

こっちが完全にメインになってるようだ。

 

つまり中途半端にチクチク斬っても体勢整えられたら回復される。

とはいえ考えなしに攻撃連打してたら手痛い反撃を食らう。

回避した後の攻撃とか有効らしいがなかなか決定打にならない。

どーすんだこれ?と、今模索している段階である

しかし創意工夫の幅が広がる可能性を感じる。

 

とりあえず即死攻撃二回当てないと死なない河原田先生は

屋根から不意打ちで一回、

逃げ回りながら攻撃、

少し溜まったら煙幕食らわして連撃、

なんやかんやでトドメ

でなんとかした。

気持ちよかった。

 

卑怯?

忍者だからしょうがない

気になるところ

今のところほぼなし。

ロード時間は死亡後10秒程度だから個人的には許容範囲。

ファストトラベルも親切だし。

難易度はまあ……

フロムだし。

こっからどんどん難しくなるんだろうが、

導入はむしろ優しい。

今後の予定

ホライゾンゼロドーンが途中で恐縮ですが、

久々にツボに直撃したのでこちらのプレイ日記を上げていきます。

ソウル、天誅に代わる新たなフロムの柱になれそうなタイトル

ACはマーベラスに移行しました

今後の展開にも期待!

コメント