ARTIFACTADVENTURE外伝DX【初見感想】どうダンジョンを突破するかがカギか!?ザ・シンプル2DオープンワールドRPG!

ファーストインプレッション
スポンサーリンク

音楽はゲームボーイ風味。

フィールドはファミコン〜スーファミぐらい。

そんなレトロな匂いしかしないアーティファクトアドベンチャーだが、

チュートリアルはしっかりやってくれる。

とりあえず1時間プレイした感触を伝えたい。

良いところ

戦闘を回避できるシンボルエンカと種火

このゲームの独自性。

ダンジョン内の戦闘はこのクモの巣を調べる事で行われるが、

種火というアイテムで燃やして潰すことができる。

当然経験値は入らないが、

主人公のレベルが10にも達してない中、25の敵がウヨウヨ出たりするので、

そうした洞窟から宝箱を回収して逃げ帰るという盗賊プレイが捗る。

賛否分かれそうなところ

仲間の存在

最初に3人の仲間から1人選ばされる。

戦闘で強い技撃ってくれるローランド。

大金で最初から高い装備が買えるハーシェル。

最初からどこでもファストトラベルできるレックス。

どういう冒険がしたいかここで大きく別れるのは面白い。

周回プレイをしたくなるほどだ。

他にも城の兵士やら衛生兵から選んで2人仲間にできるが、

戦うのは1人

何が変わるのかというとステータス。

看護師なら戦闘中に薬が使えて自動HP回復

盗賊ならアイテム取得率アップなど

後々イベントもあるようだが、この割り切り方

人によって感じ方は変わる気がする。

簡単な戦闘

戦闘は常時剣を構えたキャラを移動とジャンプで動かし、

タイミングを見てスキルを発動させる。

なんかスマホでもできそうな簡易戦闘

これをテンポ良いと取るか味気ないと取るかは微妙。

ただイベント攻略でもらえる経験値に対し、

戦闘の実入りは渋い気がする。

戦闘回避の種火や資金も手に入るのだが。

気になるところ

起動時のロード

何故か1分近く待たされた

バグを疑ってしまうレベルだ。

一応ゲーム内はサクサクであるが、

このゲームで一体何を1分かけて読み込んだのか?

良くも悪くも簡易なオープンワールド

2Dで面倒な要素をカットして自由なRPGをやりたければオススメ。

1000円という価格も良心的だと思う。

コメント